黒澤明は、まったく異なる監督デビューを果たした可能性があります


黒澤明は、映画監督の大島渚さんへのインタビューで、「アドバンスパトロール」で断った森田信義プロデューサーを「私を育てたプロデューサー」と表現した。 Khataakk)。 森田は1951年に亡くなる前に、「 『アドバンスパトロール』をやらせなかったとき、人生で一番の過ちを犯した…でも、初めての監督にそんなことをやらせることはできなかった」と語ったそうです。大きなプロジェクトです。」

「AdvancePatrol」は、森一生が監督を務め、1957年に制作されました。 しかし、黒澤は、もともと売り込まれたとき、「その時しか映画が作れなかった」と感じていた。 「日本、ドイツ、イタリアが同盟国だった当時に書かれた」と彼は説明した。 「私はその時が過ぎたと感じます…それは作られるためのその時を逃しました。」

日本の政治情勢は1942年から1957年にかけて大きく変化しました。1942年、日本とソビエト連邦は戦争の危機に瀕していました。 ソ連はちょうど3年後に日本に宣戦布告し、日露戦争と同じように、再び満洲の領土をめぐって戦いました。 1957年までに、戦闘はずっと終わった。 どちらも10年以上相手を攻撃しておらず、1956年の日ソ共同宣言により、彼らの戦争状態は公式に終結しました。日本の聴衆が「アドバンスパトロール」を見るまでに、物語は古くなったように感じたかもしれません。同意。

黒澤は「七人の侍」から「用心棒」まで何十本もの愛されている映画を作り続けましたが、彼の初期の作品のいくつかが妥協されたのは残念です。 彼が1942年に「AdvancePatrol」を監督することだけを信頼されていたなら、彼は彼の物語に真の正義を行い、彼のコレクションにさらに別の傑作を追加することができたでしょう。 代わりに、それはサブパーディレクターによってその時間の後に作られました、そしてそれから曖昧に失われました。

コメントする