大虐殺のコンセプトアートが翼のあるシンビオートを明らかにする


venom-let-there-be-carnage-007-1280821

大虐殺はソニーの2021年の続編で印象的な外観を持っていました ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ、しかし初期のコンセプトアートは、物事をまったく新しいレベルに引き上げることができた方法を示しています。

コンセプトアーティストのAdamBurnによるArtstationへの投稿、大虐殺は、巨大な翼を備えた彼の究極の形であったであろうもので見ることができます。

バーンがコンセプトアートに付けた説明によると、それはカーネイジが「ユーバーフォーム」と呼ばれる究極のフォームを持っていた開発の時期から来ています。

「開発の初期段階で、カーネイジは「ユーバーフォーム」と呼ばれるもので本当に大規模なプロポーションにパワーアップする予定でした。また、コミックに数回登場する翼を備えたカーネイジも組み込まれていました。 シーケンスのクライマックスは、大聖堂が完全に炎に包まれている間、大聖堂の頂上で大虐殺を見るでしょう。 最終的にこれは削除されました」

続けて、バーンは、翼の最初のアイデアはドラゴンのそれに似ることであったと言いましたが、後にそのアイデアは、より流動的な外観で達成されたカーネイジの地球外の側面を表すようになりました。

もちろん、映画を見た人は、これらの翼のアイデアのどれもが最終的なカットをしなかったことを知っているでしょうが、彼らは最終的な戦いの事柄が非常に異なる方向に進んだ可能性があることを示しています。

映画のファンは、バーンのInstagramページで、Carnageのさまざまな外観を含む、他の多くのコンセプトアートを見つけることができます。 あなたはできる ここでそれをチェックしてください



コメントする