モリソン、『アソーカ』でキャプテン・レックスを演じる?


ルーカスフィルム

先日、『スター・ウォーズ』卒業生テムエラ・モリソンがジャンゴ・フェット役、そして最近では『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット』シリーズの主演を務めた後、同シリーズに復帰する可能性があることを示す新たな報道が浮上した。

ワンテイクニュース (経由 SWニュースネット)は、モリソンがDisney+の次期「アソーカ」シリーズにキャプテン・レックスの初の実写版キャラクターとして復帰すると報じている。

レックスは共和国グランド・アーミーで最も優れた兵士の一人とみなされ、アショカと並んで従軍した。 彼はまた、アソーカが阻害剤チップを取り外した後、悪名高いオーダー 66 に抵抗した数少ないクローンの 1 人でもありました。

彼は、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』、『スター・ウォーズ:ザ・バッド・バッチ』、『スター・ウォーズ:反乱者たち』など、複数のアニメーションプロジェクトに出演しました。 ディー・ブラッドリー・ベイカーは、これらすべての番組でキャラクターの声を担当しました。

「アソーカ」シリーズは、「マンダロリアン」とほぼ同時期、つまり「ジェダイの帰還」の出来事からほぼ8年後が舞台になると予想されており、その頃にはレックスのキャラクターは実年齢で44歳になり、実年齢は44歳になる。年齢と外見は80代に達している(モリソンは62歳)。

モリソンの潜在的なキャスティングはまだ確認されておらず、もし本当であればモリソンが「現在の」バージョンのレックスを演じるのか、それともフラッシュバックのみに登場するのかはまだ明らかではない。

「アソーカ」はデイブ・フィローニが脚本を執筆しており、アソーカ役にロザリオ・ドーソン、サビーヌ・レン役にナターシャ・リュー・ボルディッツォ、ヘラ・シンドゥーラ役にメアリー・エリザベス・ウィンステッド、エズラ・ブリッジャー役にエマン・エスファンディ、シン・ハティ役にイヴァンナ・サクノ、ベイラン・スコール役にレイ・スティーブンソン、ジュヌヴィエーブが出演する。オライリーがモン・モスマ役、ウェス・チャタムが未公開の役柄、ヘイデン・クリステンセンがアナキン・スカイウォーカー役、ラース・ミケルセンがスローン大提督役を演じる。

「アソーカ」は8月にDisney+サービスで初公開される予定だ。

コメントする