「ドラゴン」の興行収入は「ビースト」と「孤児」を殺す




クランチロール

「ドラゴンボール スーパー: スーパー ヒーロー」は、米国で今週末の興行収入を完全に打ち負かし、国内で 2,010 万ドル以上を獲得しました。

この東映アニメーション制作の 2018 年の「ドラゴンボール超 ブロリー」の続編を配給している Crunchyroll は、この映画がアニメ映画史上最高のグローバル オープニングを記録し、前作の 980 万ドルのデビュー作の 2 倍以上を記録したと述べています。

この映画は、イドリス・エルバが率いるクリーチャー機能「ビースト」を簡単に打ち負かしました。 堅実な批評的レビューを獲得しましたが、生ぬるい B CinemaScore のみを獲得したこの映画は、1,160 万ドルで 2 位にデビューしました。ユニバーサル リリースの残念なスタートです。

「新幹線」は 800 万ドルの予想で 3 位に落ち、わずか 41% 減でした。 「Top Gun: Maverick」の PVOD リリースのニュースは、その緩やかな下落に影響を与えず、映画は 4 位でさらに 585 万ドルを稼いでいます。

「スーパーペットの DC リーグ」は、578 万ドルでトップ 5 を締めくくりました。 限定リリースの「Orphan: First Kill」は 167 万 5000 ドルでデビューし、「ドラゴンボール」を除くトップ 25 のどの映画よりも 1 スクリーンあたりの平均スコアが高かった.

A24 の「ボディズ ボディズ ボディズ」の継続的な拡大により、この映画はフル ワイド リリースで 240 万ドルに達しましたが、1 スクリーンあたりの平均額が 949 ドルであることは、次の「エブリシング エブリウェア オール アット ワンス」ではないことを示しています。

ソース: THR




前の記事サスカッチを演じるジェシー・アイゼンバーグ

コメントする