リドリー・スコットはブレードランナーを「SF」映画とは考えていない


1982年のビデオインタビューで リーリン・イン・ザ・イヤーズ、スコットは「ブレードランナー」のテーマについて、そして彼がSF映画ではないと言ったときに彼が何を意味するのかについて詳しく話します. スコットは自身のスタンスを明らかにし、「ブレードランナー」のイベントは2019年に行われるため、インタビューが行われた時点では「40年先」だった「近い将来」について語っている. 「ブレードランナー」に登場する暗黒街の「多国籍メガロポリス」は、人口過剰と汚染により荒廃し、地球は住めなくなりました。 スコットの目的は、これらの非常に現実的な問題をディストピアの設定に織り込むことでした。これは主に、これが私たちが望むような未来であってはならないことを思い出させるためです。

「うまくいけば、その瞬間に観客と映画からある種の劇的な分離があるので、彼らは必ずしも未来の予測ではなく、でっち上げを見ていることは明らかです。私はそれが未来ではないことを願っています. “

この映画は未来を予言するものではないと言うことで、スコットは、現実世界の人口過剰と気候変動の問題が助けになる方法で対処されることを期待しています。 防ぐ そんな暗い未来。 人類への希望にもかかわらず、スコットはインタビューで次のようにも述べています。[es] その通りだと信じて [depleted resources, environmental decay]「本当に何か対策を講じないと、『ブレードランナー』の世界になってしまう」

さて、皆さん、恐ろしいニュースです。 「ブレードランナー」はもはや SF ではなく、未来の映画でもありません。 もうここにいる、スコットの映画を現代のスリラーにします。

コメントする