Apple Watchは、最後に携帯電話の通信範囲がどこにあったかを知ることができるようになりました


Apple Watch OS 10 には、プロとそうでないアスリートの命を救う可能性のあるツールを含む、多数の新機能が導入されています。 より興味深い機能の 1 つは、ハイキング中に最後に携帯電話の通信範囲があった場所を表示することです。

watchOS 10 では、コンパス アプリが 2 つの新しいウェイポイントを自動的に生成します。 新しいセルラー接続ウェイポイントは、自分のキャリアで最後にセルを受信した場所を示します。 メッセージを確認したり、電話をかけたりする必要がある場合に最適です。 「助けが必要だ」という状況に陥った場合でも、Apple がサポートします。2 番目のウェイポイントは、通信事業者のネットワークを使用して緊急電話をかけることができる場所を示します。

これらの機能は、すでに命を救っている iPhone 14 の Apple の衛星経由 SOS 機能に追加されるものです。

TechCrunch で WWDC 2023 について詳しく読む

コメントする