人類は月を再訪しています—そして宇宙旅行のルール


宇宙飛行士が将来のアルテミス計画で月の氷をつかむ必要があるとしても、法的な観点からは問題にはならないだろうと、アルテミス合意が人類に与える影響を広く研究している英国のレスター大学の研究者であるロサナ・デプラーノは言う。国際宇宙法。 「宇宙条約で許可されているのは、科学的任務を支援する場合の資源の使用です。 アルテミスのミッションは定義上、科学的ミッションであるため、米国やその他の国際パートナーが参加することに対して違法なことは何もありません」と彼女は言います.

しかし条約はまた、宇宙探査は「すべての人々の利益のために」実行されるべきであると述べています。 NASA と欧州宇宙機関は頻繁に民間企業に契約を与えており、そのうちのいくつかはアルテミス プログラムに参加しています。 これらの企業が月面で独自の設計を行っている場合、法的なグレー ゾーンが作成される可能性があります。 現時点では、SpaceX や Blue Origin などの NASA のパートナーが、政府の投資資金を使用して技術を開発し、それらの技術を個別に再利用することを止めるものは何もないと Deplano 氏は主張します。 .

これは、米国やそのパートナーのような先進的な宇宙計画を持つ国の企業が、月探査から利益を得るための有利なスタートを切ることができることを意味します。 「これは本質的に特権的な環境であり、世界の特定の部分が他の部分よりもはるかに速く発展することを可能にし、それらの資源の商業的利用を可能にする技術とノウハウを開発します」とデプラノは言います.

アガナバ氏はまた、将来、民間採掘をめぐる法的な衝突の可能性も予見している。 1979 年の月協定は、国連で交渉され、主にラテンアメリカと東ヨーロッパ諸国から始まる 18 か国によって署名され、「月とその天然資源は人類の共通の遺産である」と述べて、鉱業にさらに厳しい制限を課しています。 」 このような見方は、民間企業がそれらのリソースを抽出して使用する取り組みを複雑にするでしょう。 米国とほとんどの主要な宇宙開発国は月協定に署名していませんが、アガナバ氏は、アルテミス協定に同数の署名国があるため、どちらがより重要かを判断するのは難しいと指摘しています.

オンタリオ州ウォータールーに本拠を置く研究機関 Project Plowshares の宇宙セキュリティ研究者である Jessica West は、月自体の保護に関して、アルテミス協定が実際にどのように適用されるかを監視します。 この協定には、保存すべき「遺産」サイトの狭い定義が含まれています。具体的には、アポロ時代の着陸サイトですが、月面の景観は含まれていません。 彼らはまた、宇宙資源を節約するのではなく、地球軌道にこれ以上デブリが蓄積するのを防ぐことに限定された「持続可能性」の実践を求めている、とウェストは言う. たとえば、クレーターの氷を完全に洗い流すこと、将来の世代やあまり進んでいない宇宙計画から重要な資源を奪うこと、夜空の月の外観を目に見える形で変えることを禁止するものではありません。

そして、この協定は、地球規模の「利益」の概念を科学に適用するだけであり、たとえば月の氷を採掘することによって企業が得る利益には適用しません。 「物事が全人類に利益をもたらすために、普遍的な利益をもたらすとはどういう意味ですか?」 ウェストが尋ねる。 「これは大まかな原則ですが、実際には規定されていません。 従来、これは科学情報の共有を意味していましたが、金銭的な利益を意味するものではありませんでした。」

アルテミス合意は月に対する米国の現在のビジョンを反映しているが、将来の国際ミッションがどのように展開されるか、または不平等に関する懸念が高まるかどうかは不明であると、航空宇宙セキュリティプロジェクトのジョンソンは述べています. 「植民地主義と先行者利益という課題は常にあります」と彼女は言います。 「現在、裕福な国は月にアクセスでき、ルールを作っています。 そこには多くの公平性がありません。」

コメントする