新しい特許は、AppleがノッチのないiPhone 14 Proをどのようにやってのけることができるかを明らかにするかもしれません


Apple は、iPhone 14 Pro と Pro Max のノッチを捨てて、丸薬の形をしたカットアウトと自撮りカメラのスポットを採用すると噂されており、米国特許商標庁 (USPTO) は、会社がそれをどのように行うことができるか、 によると パテントリー・アップル (経由 9to5Mac)。

この特許出願は、カメラ、赤外線発光体、および赤外線をリダイレクトできる「光折りたたみ要素」を組み合わせたデバイスのいくつかの可能なバリエーションをカバーしています。 このアプリケーションでは、ライト フォールド プロジェクターを使用してこれらのコンポーネントのフットプリントを削減し、電話の表示領域を増やす方法について説明しています。

ノッチには現在 多く 自撮りカメラ、赤外線カメラ、深度センサー、ドット プロジェクターなどのテクノロジーを搭載しており、Apple は昨年の iPhone 13 のラインナップですでにノッチを 20% 縮小しています。 しかし、この特許により、アップルは、ノッチのサイズを小さくできるような方法でその技術の一部を調整できると言っています.

興味のある方は、特許クレームに関する説明の抜粋を以下に示します (また、ページをめくりたい場合は、この記事の最後にアプリケーションを含めました)。

例えば、光フォールディング要素はIR光の透過方向を変えることができるので、IR発光体は必ずしも特定の設置場所に限定されない場合がある。 代わりに、赤外線発光体は、スペースの制約が少ない場所に配置し、光折りたたみ要素を使用して赤外線光を特定の方向に投影することができます。 これにより、撮像および検出コンポーネントの全体のサイズを縮小することができ、したがって、撮像および検出コンポーネントを保持するためのノッチのサイズを縮小し、デバイスの表示領域を拡大することができる。

とはいえ、USPTO がこのアプリケーションを公開したからといって、この技術が Apple デバイスに登場することを保証するものではありません。 しかし、次のPro iPhoneのノッチ領域が大幅に再設計されることを示す他のいくつかの兆候がありました.

おそらく最良の証拠は、Apple のウィスパラーである Mark Gurman が 報告した Apple が丸薬型のカットアウトとホール パンチの自撮りカメラに移行するということです。 また、Apple のアナリスト Ming-Chi Kuo は、ノッチのない Pro iPhone 14 について、iPhone 13 が店頭に並ぶ数日前に報告しました。 しかし、過去に電話の情報を漏らしたことで知られる一部の Twitter アカウントは最近、新しいノッチ領域が実際の電話でどのように見えるかを示す興味深い新しい画像をいくつか共有しました。 によって報告されたように MacRumors.

Appleが公式に発表する前に、iPhone 12 Miniの名前の画像をTwitterに投稿したTwitterユーザー「DuanRui」は、 ツイートした写真 iPhone 14 Pro の錠剤の切り欠きと自撮りカメラのパンチ穴のように見えるものの写真。 これらを大目に見る — DuanRui は彼のプロフィールで、彼のコンテンツのほとんどが中国のソーシャル メディアから再投稿されたものであると述べているため、それらがどこから来たのか正確には不明です — しかし、少なくとも、画像は噂されている新しいものについてのアイデアを提供しますデザインは次のようになります。

そしてアイスユニバースが投稿されました 画像 彼らが「iPhone 14 Proのダミー」と表現したもの。 この写真の丸薬は、丸薬の中央に 2 つの透明な穴があるため、DuanRui が共有した画像とはデザインが少し異なるように見えることに注意してください。

幸いなことに、Apple が実際にノッチを変更しているかどうか、もしそうなら、結果がどのようになるかを確認するのに、それほど長く待つ必要はないでしょう. 同社は9月7日に次の製品イベントを開催し、そこでiPhone 14のラインナップ全体を発表することが広く期待されています.



コメントする