商標出願は、Appleの複合現実ヘッドセットの「現実」ブランディングを示しています


商標出願 によって発見された ブルームバーグ Apple は、長い間噂されてきた複合現実ヘッドセットの名前とブランドに「Reality」を組み込む可能性があることを示唆しています。 「Reality One」、「Reality Pro」、「Reality Processor」の商標は、Apple のコードに登場する realityOS の名前と、ヘッドセットのオペレーティング システムを参照している可能性のある商標出願と一致する 3 つの別々の出願で示されています。

申請書は Apple 自身によって提出されたのではなく、Immersive Health Solutions, LLC という会社によって提出されました。 Apple のような企業は、特許や商標を申請する際に、自社の計画を非公開にするために、ペーパーカンパニーの名前を使用することがよくあります。 しかし、 ブルームバーグ デラウェア州に本拠を置く Immersive Health Solutions は、Corporation Trust Co. によって登録されました。これは、realityOS の商標にも登場する別のペーパーカンパニーです。

米国に加えて、EU、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、サウジアラビア、コスタリカ、ウルグアイでも申請が行われました。 3 つの提出書類はすべて、「仮想現実と拡張現実のヘッドセット、ゴーグル、メガネ、スマートグラス」に言及しています。 「Reality One」の商標はヘッドセット自体の名前を指している可能性がありますが、「Reality Pro」は、Apple が将来的に計画している仕様を強化したバージョンを示しています。ハイエンドデバイス。 一方、「Reality Processor」という名前は、M2 チップであると噂されているヘッドセットの処理ユニットを暗示している可能性があります。

アプリケーションは、Apple の「Far Out」イベントのわずか 1 週間前に登場しましたが、複合現実ヘッドセットが登場する可能性は低いです。 このヘッドセットは、拡張現実 (AR) と仮想現実 (VR) の両方の体験とゲーム (Apple Maps と FaceTime の VR バージョンを含む)、さらにはハリウッド映画に基づく体験を可能にする可能性があると噂されています。 Apple の取締役会は 5 月にヘッドセットを試用したと伝えられていますが、Apple のアナリスト Ming-Chi Kuo は、2023 年 1 月までは市場に出回らないと予測しています。

コメントする