Twitterに編集ボタンがついに登場


現在設計されている Twitter の編集機能に関して否定論者が抱える可能性が高いもう 1 つの問題は、最初は変更内容のコンテキストが他のユーザーから隠されていることです。 Twitter の短くてきびきびとしたスタイルの会話は、ユーザーが共有する投稿の内容を十分に理解していないことが多いことを意味します。これは、2020 年 6 月のプラットフォームの プロンプトの導入 ネットワークで共有する前に、リツイートした記事を実際に読みたいかどうかをユーザーに尋ねます。 フィードでバイラル ツイートが共有された場合、ユーザーがその編集履歴を調べて、ツイートの内容が共有時のものであるかどうかを確認するかどうかは不明です。 前例は、それがありそうもないことを示唆しています。

コペンハーゲン大学のポスドク研究者であり、誤った情報の拡散を分析している Yevgeniy Golovchenko は、悪意のある人物がこの機能を有利に操作するリスクを認識していますが、悪意のある目的のない人にとっては潜在的に有益な変更であると考えています。 現在、Twitter ユーザーが間違った内容を誤って投稿し、誤りが指摘された場合、誤解を招き、恥ずかしい可能性のあるツイートをそのままにしておくか、削除するかを選択する必要があります。 「編集ボタンを使えば、このジレンマがある程度解消されると思います」と彼は言います。 「これにより、Twittersphere が自らを修正しやすくなります。 これは、誤った情報との戦いにおいて、非常に意味のある変化になる可能性があります。」

クイーンズランド工科大学のデジタル メディア教授で、Twitter に関する本の著者でもある Jean Burgess 氏も、これは全体的に前向きな変化だと考えています。 「何かが編集されたことを通知し、以前のバージョンを公開できる保護手段、時間制限、および透明性対策は、潜在的な誤用に関する主要な懸念のほとんどに対処しているようです」と彼女は言います。 「中心的なアーリー アダプターの Twitter コミュニティは、これを長い間求めてきました。 これは誠実な動きであり、かなり物議を醸すものではありませんが、悪意のある俳優が私たちを驚かせることに常に備えておく必要があると思います。」

もちろん、間違った情報を誤って共有してしまった場合、編集機能の動作には制限があります。 Twitter に時間を費やしたことのある人なら誰でも知っているように、コンテンツはリツイートだけで共有されるわけではありません。 一部のユーザーは、Twitter の組み込みのリツイート機能を使用するのではなく、他の人のツイートを画像としてスクリーンショットして共有することを選択します。 人々は、編集前のツイートの画像をキャプチャし、プラットフォーム上で再共有することでまだ生き続けている可能性があります。修正されたツイートのリーチが失われる可能性があります。 どのプラットフォームも解決できないもう 1 つの問題は、情報を修正するための修正がプラットフォーム自体にしか存在しないということです。多くのユーザーは、元の間違ったツイートを既に見ており、修正されたバージョンを見ることはありません。

さらに、編集ボタンの変更は、大多数の Twitter ユーザーにとってあまり意味がありません。 「編集オプションは、ツイートする少数のユーザーに関連しています」と、デジタル リテラシーを専門とするロンドン大学シティ校のデジタル ソサエティの講師である Elinor Carmi は言います。 「私たちはより『うるさい』ものをフォローして交流しているので、より多くのように見えるかもしれませんが、それらは間違いなく大多数ではありません.」

Carmi はまた、編集機能により、権力のある立場にある人々が自分の言葉に対する責任を回避しやすくなることも懸念しています。 「注目度の高いユーザー向けの編集という点では、これはチャンスですが、懸念事項でもあります。ツイートを編集できないことで、たとえば政治家の発言に責任を持たせることができるからです」と彼女は言います。 「彼らがツイートを編集し続けると、フォローして精査することが難しくなります。」 編集機能は、ツイートが最初に何を言ったか、どのように変更されたかを追跡しますが、現在設計されている編集履歴は、ユーザーがクリックして表示する必要があるプロンプトの背後に隠されています。

これらはすべて、Twitter がブログ投稿で念頭に置いておく必要があると主張している問題です。 しかし、それらは機能を成功させるために取り組む必要がある基本的な問題であり、ソーシャル メディアでの発言が社会や生活に大きな影響を与える可能性があることをますます学んでいます。

コメントする