1987年 日産サニーピックアップがSEMA向けリーフEVから心臓移植


  • 2022 年の SEMA ショーでは、日産はトミー パイク カスタムによって EV に改造された 1987 年のサニー ピックアップを展示します。
  • サニーは現在、日産リーフの 40 kWh のバッテリーと 147 馬力の電気モーターを利用しています。
  • 17 インチの Rotiform ホイール、ワイドボディ キット、1970 年代のダットサン レースカーにインスパイアされたカラーリングが、リーフを搭載したサニーの外観を完成させます。

昨年の Specialty Equipment Market Association (SEMA) ショーで、フォードは F-100 エリミネーター コンセプトを発表しました。1978 年のピックアップにマスタング マッハ E GT の 2 つの電気モーターを後付けし、480 馬力と 634 ポンド フィートを備えたオールドスクールなルックスと融合させました。トルクの。 SEMA の 2022 年版では、日産は同様の道をたどり、1987 年のサニーに日産リーフのパワートレインを押し込むことで、はるかに少ないパワーではありますが、古典的なトラックのデザインを電化します。

1987年日産サニーリーフパワートレイン搭載

日産

サウスカロライナ州に本拠を置くトミー パイク カスタムによって改造されたこのトラックは、ベースのリーフ S の 40 kWh リチウム イオン バッテリーを使用し、147 馬力と 236 ポンド フィートのトルクに優れた単一のモーターと組み合わせています。 大したことではないように聞こえるかもしれませんが、サニーは小型の車であり、元のガソリン エンジンの約 2 倍のパワーと 3 倍のトルクを備えています。

日産は、電気モーターがサニーのどこに取り付けられているかを明らかにしていませんが、後輪に動力を供給することを願っています. 日産はそれがどのように機能するかを正確に説明していませんが、電気化されたピックアップは元のマニュアルトランスミッションも保持しているようです. また、初代日産 240SX のフロント サスペンションと頑丈なリア リーフ スプリングを採用しています。

サニーは、角ばったデザインを強調するワイドボディキットと、1970 年代にブロック レーシング エンタープライズがレースに参加したダットサンに敬意を表した赤、白、青のカラーリングのおかげで、素晴らしく見えます。 LED ヘッドライトは 80 年代のクラシックにモダンな外観を与え、17 インチの Rotiform ホイールはヴィンテージのモータースポーツからインスピレーションを得ています。

今のところ、リーフ駆動のサニーは 1 回限りのものですが、おそらく日産は、フォードがエリミネーター パワートレインで行っているのと同様の電気クレート モーターの提供を開始するでしょう。

このコンテンツは OpenWeb からインポートされます。 Web サイトで、同じコンテンツを別の形式で見つけたり、より多くの情報を見つけることができる場合があります。

コメントする