シボレー コルベット Z06 が新しいライトニング ラップ LL3 クラス記録を樹立


2006 年にライトニング ラップを開始して以来、LL3 価格クラスは常にパフォーマンスのスイート スポットであり、費用対効果が最も高いものでした。 多くの場合、LL2 にはより多くの参加者がいますが、LL3 ほどの火力はありません。2、4、または 5 人乗りのドイツ、日本、およびアメリカの車です。 クーペ。 SUV。 セダン。 LL3にはすべてがあります。 そして LL3 は、シボレー コルベット Z06 とその 2:38.6 ラップの形で新たなハイマークを獲得しました。

ヨーロッパと日本の車は、ほとんどの場合海外の競争を下回っているアメリカの金属と競争しなければならないため、私たちは費用対効果が最も高いと言います. コルベットは、カマロ、フォード マスタング GT500、キャデラック V、一部の AMG 63、BMW M などと競合します。 今年はクラスの内訳を調整したため、LL3 は基本価格が 75,000 ~ 139,999 ドルの車をカバーするようになりました。 いいえ、Z06 の価格設定に基づいて上限を設定したわけではありません。 (Lightning Lap ストーリーで基本価格について説明する場合、その価格にはパフォーマンス強化オプションが含まれていることに注意してください。)

アメリカ人は、常に LL3 チャンピオンの冠を保持してきました。 C6 Z06 は、最初 (2006 年モデル) と 2 番目 (2007 年モデル) の LL3 チャンピオンであり、ライトニング ラップ 1 と 2 でそれぞれ 3:01.1 と 2:58.6 のタイムを記録しました。 次にベルトを保持したのは、1 回限りのテストでダッジ バイパー SRT10 で、LL3 タイムを 1.2 秒短縮しました。

しかし、その後、3 回目の Lightning Lap が登場しました。 よくわからない場合は、チェックしてください。 日産GT-R(LL3)、フェラーリ430スクーデリア(LL5)、モスラーMT900S(LL5)、2代目キャデラックCTS-V(LL2)などの強豪勢ぞろい。 このグループには、ダッジ バイパー SRT10 ACR (LL3) も含まれており、2:48.6 をマークし、LL3 マシンよりも 10.0 秒速くなりました。 当時のサブ 2:50 はかなり馬鹿げていて、それより速かったのはモスラーだけでした (2:45.9)。

それが非常に大きなジャンプだったということもあり、ACR は 9 回目のライトニング ラップまで LL3 のターゲットのままで、650 馬力のコルベット Z06 (C7) が 2:44.6 を記録しました。 ライトニング ラップ 14 では、ムスタング シェルビー GT500 がまさにそれに匹敵します。

これにより、新しいコルベット Z06 が敷設した信じられないほどのラップに戻ります。 コルベットは、サーキットでのパフォーマンスを向上させるためにミッドシップ レイアウトになりました。 その 2:38.6 は LL3 の新しい記録であるだけでなく、自然吸気エンジンを搭載した車によるファステストラップであり、Lightning Lap の歴史の中で 5 番目に速いものです。 他のすべての高速化は LL5 クラスにあり、少なくとも 2 倍の費用がかかります。 お祝いはこれだけで十分です。

コメントする