2015~2019年リンカーンMKC、エンジンベイ火災の危険性を理由にリコール



フォードはリコールを開始した リンカーン MKC の 142,734 件の例 2015年から2019年モデルまで。 潜在的な問題は、コンパクト高級クロスオーバーのバッテリーモニターセンサーに集中しています。 米国、カナダ、中国の MKC で 19 件の火災が発生したとの報告を受け、フォードの社内調査により、技術者がエンジン ベイのそのエリアで作業すると、モニター センサーのハウジングが損傷する可能性があることが判明しました。 ハウジングの損傷によりセンサーが短絡した場合、その短絡によりセンサーの電源回路に電気負荷が発生し、周囲の物質に発火するほどの熱が発生する可能性があります。 これにより、運転中、または MKC がオフのときでも、いつでもエンジン ベイ内で火災が発生する可能性があります。

リンカーンは、2013 年 8 月 20 日から 2019 年 8 月 2 日まで製造されました。自動車メーカーは、これによる負傷や事故は把握していないと述べています。 火災が発生したモデルはすべて、当時駐車していて電源を切っていた。 いつでも火災の危険があるため、フォードは所有者が問題を修復するまで、建物から離れた屋外に駐車することを推奨している。

解決策は、ディーラーに行ってバッテリーモニターセンサーの電源回路にヒューズを追加してもらい、ショートが発生した場合に電流を遮断することです。

フォードは 6 月 26 日に MKC オーナーに書簡を送り始める予定です。それまでの間、オーナーはフォード カスタマー サービス (866-436-7332) に連絡して、リコールの詳細や自分の MKC が影響を受けるかどうかを確認するか、問い合わせることができます。地元のフォードまたはリンカーンのディーラーにお問い合わせください。 このリコールに対する同社の社内番号は 23S28 です。 所有者は、米国道路交通安全局車両安全ホットライン 888-327-4236 (TTY 800-424-9153) に連絡するか、www.nhtsa.gov にアクセスしてキャンペーン番号 23V378 を参照することもできます。

関連ビデオ:

コメントする