フォルクスワーゲン ヴィルタス 1.5 TSI 対メルセデス GLE SUV のドラッグ レース


フォルクスワーゲン ヴィルトゥスは、そのセグメントで最もパワフルなセダンの 1 つです。 Virtus の 1.5 リッター ターボチャージャー付きガソリン バージョンは、150 Ps と 250 Nm のピーク トルクを生成します。 この中型セダンは、このセグメントでホンダ シティ、ヒュンダイ ヴェルナ、マルチ シアズ、シュコダ スラビアなどの車と競合します。 フォルクスワーゲン ヴィルタスのビデオをオンラインでいくつか見ました。 これらのビデオの多くは、Virtus が同じセグメントまたは別のセグメントの車と競うドラッグ レースでした。 ここでは、フォルクスワーゲン ヴィルトゥス GT のオーナーがメルセデス ベンツ GLE 高級 SUV とドラッグ レースで競うビデオがあります。

ビデオはによってアップロードされました イッツ・ミー・アフラワット 彼らの YouTube チャンネルで。 このビデオブロガーは、フォルクスワーゲン ヴィルタス セダンと友人のメルセデスベンツ GLE 300d SUV を閉鎖道路に連れて行きます。 彼らはレースの準備をし、ブロガーは両方の車のエンジン仕様について話します. これはGTのバリエーションであるため、VirtusはDSGトランスミッションと組み合わされた1.5リッターのターボガソリンエンジンを搭載しています。 一方、GLE は 2. リッター ターボ ディーゼル エンジンを搭載し、約 240 Bhp と 500 Nm のピーク トルクを発生します。 また、オートマチックトランスミッションが組み合わされています。

ビデオブロガーは、彼が最初に GLE を運転し、彼の友人が Virtus を運転すると述べています。 両方の車両がレースに向けて並んでおり、トラックが空になるとすぐにレースを開始します。 Vlogger は、GLE がコンフォート モードで、トラクション コントロールもオンになっていると述べています。 同様に、Virtus は D モードで、トラクションもオンでした。 ACは両方の車でオンになりました。 レースがスタートするとすぐにGLEがリード。

フォルクスワーゲン ヴィルタス GT 対メルセデス ベンツ GLE のドラッグ レース [VVideo]

メルセデス・ベンツはレースを通してリードを維持し、問題なく第 1 ラウンドを勝ち取りました。 フォルクスワーゲン ヴィルトゥスはメルセデスのすぐ後ろにいましたが、実際に追い越すほどのパワーはありませんでした。 第 2 ラウンドでは、今度は Virtus がスポーツ モードであることを除いて、車の設定は同じままでした。 レースがスタートし、第1ラウンドと同じくGLEがリード。 Virtus と GLE の両方が積極的にスタート ラインから外れましたが、Virtus の DSG トランスミッションに遅れがあり、それが適切な発進を妨げています。

次のラウンドでは、vlogger は車を交換し、彼は Virtus を運転し、友人は GLE に参加しました。 レースを開始する前に、vlogger は GLE ドライバーにトラクション コントロールを無効にしてコンフォート モードで運転するように求めます。 このラウンドでもMercはアグレッシブなスタートを切り、VirtusはDSGのおかげで前進できませんでした。 結果は同じままでした。 GLE をスポーツ モードにすると、両車の違いがより明確になり、ブロガーは最後のラウンドで時速 30 km でローリング スタートを試みました。 このラウンドでは、Virtus が数秒間リードし、その後、GLE がリードしました。



コメントする